プレスリリースの形式

折角素晴らしい内容であるにもかかわらず、プレスリリースの作り方が悪いために取りあげられない例が数多くあります。
本来、そういったものでも、きちんと見抜いて取りあげていくのが記者・編集者の仕事なのですが、現実問題として、やはり人の子でありますから、きちんと整った文章の方へ目がいってしまうのは仕方がないことです。これは、現実です。

何を書けばいいのか

プレスリリースというのは、それを記者・編集者に読んでもらい、その事柄に関して関心を持ってもらうきっかけをつくりだす目的で作成するものです。
ということは、単に書きたいことを書きなぐるだけでは、いいプレスリリースはつくれません。
いいプレスリリースを作るためにはそれなりのコツがあります。
まずは、自分たちが伝えたいことは何か、考えてみましょう。すると、おのずと、伝えるべき「キーワード」もしくは「キャッチコピー」が浮かんでくるはずです。
そのキーワード/キャッチコピーをうまく文章の中に織り込みながら、記者や編集者の関心を呼び、詳しい話をききたくさせるような文章を作成してください。
また、それを出す前に、自分の提供しようとしている情報が果たしてどのくらい「ニュース性」があるのだろうかということに関して省みる必要があります。少なくとも、プレスリリースを出すからには、その事柄に、経済的なインパクト、もしくは社会的なインパクトがあるはずです。それを満たしていなければ、それを出すこと自体に意味がありません。

プレスリリースのタイトルについて

プレスリリースのタイトルは、できるだけ完結に、最もアピールしたい部分に絞り込んで書きましょう。タイトルが長い場合は、短く省略してください(30文字以内)。
サブジェクトに「プレスリリース」とだけ書かれる方がいらっしゃいますが、これだと、受信側は非常にわかりづらいです。(どのリリースも「プレスリリース」というタイトルだと、どれがどれだかわからなくなってしまいます。)
特にメールはタイトル(サブジェクト)が命です。また、ウェブの表示でもタイトルが長すぎて要領を得ないと、読む気が失せてしまいます。
タイトルは熟考してください。

典型的な形式

以下に、プレスリリースの典型的な形式を挙げます。少なくとも以下の形式にのっとっていなければ、記者/編集者に見られることはないでしょう
(何か狙いがあって形式を崩すのであれば別です)。