薬の通販で安いサイトを教えます【Medi Prime】

薬の通販で安いサイトを教えます【Medi Prime】

ペット用医薬品

薬の通販サイトがより身近になってきた

今や薬の通販サイトといえば大手企業も着手しているほど、一般的になってきました。薬局に行く必要がなく風邪薬が買えたり非常に便利になってきました。特に大手が販売している薬はいわゆる市販薬です。パブロンやバファリンなど誰もが薬局で見たことのある薬です。正直こういった一般的な市販薬は安ければ安いほどいい!と断言できるのですが、近年一気に知名度が高くなり利用している人も増えてきているのが「薬の個人輸入」です。薬の個人輸入に関しては完全に自己責任です。

個人輸入で買う薬は完全に自己責任

個人輸入で購入できる薬のほとんどが日本では処方箋がないともらえない薬ばかりです。言い換えると、薬の個人輸入は「医師の許可なく自身の判断でその薬を使用する」からです。そうなってくると当然薬による副作用で身体に影響がでたとしても、だれも保証してくれません。中には日本では認可されていない成分を含んだ薬も、最近のショップでは個人輸入することができます。保証されないなんてコワイ・・・。と思う方もいると思いますが、やはり自己責任という言葉つきまとう以上そう考えてしまうのも当然だと思います。しかし個人輸入で薬が買えるということは一長一短です。

薬の個人輸入のメリット

最大のメリットはやはり安さです。例えば薬の個人輸入でよく売れている薬は「バイアグラ」です。この薬に関しては日本では保険が降りない場合がほとんどで、バイアグラを処方されるとなると、費用が1万円~2万円かかってしまうと言われています。一方個人輸入でバイアグラを購入するとおよそ6000円~。さらに薬の個人輸入サイトではバイアグラのジェネリックも存在し、そちらを選択するとなんと1000円前後で購入することができてしまうのです。実際にかかる費用の10分の1程度の予算で済んでしまうというのですから、やはりこの点に関しては薬の個人輸入の大きなメリットといえます。

薬の個人輸入のデメリット

日本人の性格上、薬の製造元の信頼って重要ですね。個人輸入で薬を購入する際、ファイザー社などのだれもが知る大手製薬会社の薬を買う分には何の問題もないといえます。しかし気になる点はジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品の多くはインドで製造されており、バイアグラのジェネリックを多く製造しているCipla社もインドの製薬会社です。年々製造技術が向上しておりどんどん新製品を生産しており、実際のところ信頼性に関しては申し分ないレベルといえますが、やはり日本でCipla社といわれてもピンとこない以上、ずっと薬の信頼性についての疑問がつきまといます。そういった点では海外のジェネリック医薬品のデメリットはそこにあるのではないかと思います。さらにデメリットを挙げるとすれば、注文をしてから2週間前後かかってしまうということです。海外からの個人輸入という特性上どうしても、すぐに!というわけにはいかないのが現状です。

よく売れているジェネリック医薬品一覧

ペット薬|毎月1回レボリューションを使うことによってフィラリアなどの予防はもちろん…。

ペット薬|毎月1回レボリューションを使うことによってフィラリアなどの予防はもちろん…。

実質的な効果というものは、生活環境によって違うものの、フロントラインプラスだったら、1つで犬ノミだったら3カ月ほど、猫のノミ予防は長くて2カ月、マダニの予防には犬猫双方に4週間ほど持続します。ネットのペット医薬品ショップ「ペットくすり」につ...

Return Top